TOP

NEWS

2015-08-20
LBS(GPS位置情報サービス)に連動した『緊急情報配信サービス(EIS)』開始のお知らせ
J-Mobileとテレネットが協同開発した、緊急情報配信サービス「EIS (Emergency Information Service)」を2015年8月20日より開始する。

携帯型IP無線機A902のLBS(GPS位置情報サービス) システムのオプションとして「緊急情報配信サービス(以下EISという)」を展開する。GPS位置情報を使用したもので、現在位置に応じた緊急情報(地震・津波・災害等の緊急情報)を受信することができ、安全安心につながる対策が可能となる。

配信される緊急災害情報の種類は、「高度利用型緊急地震速報」、「津波警報」、「公共情報コモンズ」、「Jアラート(※1)」となっている。高度利用型地震速報(予報)は「震度6弱まであと10秒…5秒…」といった具体的な情報が音声で配信される。スマホ等で傍受出来る「一般情報」タイプとは異なり、地震発生前の予報情報をタイムリーに受信できる点が特長となっている。

スクールバスや観光バス、タクシーなどの交通機関をはじめ、危険物運搬車両や建設機械、レンタル重機などでの利用に加えて自治体向け、企業BCP対策向けソリューションを想定している。また、GPSによる端末位置情報をGoogle Mapsに一覧表示することができるため、災害時に早期の救出支援などにも活用できるとしている。
EISのサービス料金は、月額900円で提供(※2)される。

※1. J-アラートは、配信サービスの準備中。ただし、利用には審査が別途必要。

※2. パック販売には、ボリュームディスカウントが適用されている。